医学用語辞典 消化器科用語【肝臓・胆嚢・膵臓】

>>消化器科用語【肝臓・胆嚢・膵臓】辞典トップ    >>運営者情報

急性胆嚢炎・慢性胆嚢炎・胆嚢摘出後症候群

急性胆嚢炎

急性胆嚢炎は、胆道感染症のひとつで、胆嚢が細菌感染して炎症を起こすものである。

原因
Cause
多くは、胆石が胆嚢と胆嚢管間にあって、胆管に細菌感染した胆汁がたまって炎症を起こす。胆石がない場合もある。
症状\
Symptoms
急な悪寒・吐き気・高熱・みぞおち、右腹部に激痛・黄疸
悪化により胆嚢穿孔、胆汁性腹膜炎を起こすこともある。
治療
Treatment
薬物療法で、抗生物質投与をする。手術をする場合もある。

ページのトップへ ▲

慢性胆嚢炎

慢性胆嚢炎は、胆道感染症のひとつで、細菌感染により胆嚢に炎症が起きるものである。

原因
Cause
主な原因は結石で、急性胆嚢炎からの移行である。胆石により胆汁が滞り、感染しやすくなる。主な細菌は大腸菌で、腸から胆道へ侵入する。
症状\
Symptoms
右腹部の痛み、圧迫感・吐き気・下痢・便秘
治療
Treatment
再発予防には手術を要する。

ページのトップへ ▲

胆嚢摘出後症候群

胆嚢摘出後症候群は、胆石症で胆嚢摘出をした後に出る症状である。

原因
Cause
原因としては、術後直後に結石が形成されたり、胆石の残存、胆管の狭窄等がある。原因が種々あるために症候群と呼ぶ。
症状\
Symptoms
痛み・発熱・黄疸・嘔吐・腹部膨張・下痢・便秘
治療
Treatment
原因となる病気の治療をし、原因不明の場合は薬物療法で症状を軽くする。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【肝臓・胆嚢・膵臓】辞典~ All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座~知って少しだけ健康に~
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる